1. ホーム > 
  2.  ライフハック

BBQ時にたくさんの紙皿に悩まされる人類へ…

2019/4/9 - ライフハック

バーベキューってとても楽しいけど屋外という環境でかつ物が安全におけるスペースも限られているので快適に楽しめるかというとちょっとした難しさがありますよね。
特によく遭遇する悲劇がタレを入れるお皿が数種類、焼き上がりの食材やライスを入れるお皿が数種類に分かれることにより一人当たりのお皿使用量が増え、それに比例してお皿専有面積も増えちゃうという悲劇ですね。
この悲劇は自分のお皿を管理しきれないという問題が生じるために連鎖的な悲劇として自分のお皿がどれかわからなくなる悲劇強風でお皿がいろいろ吹っ飛んでいく悲劇という二次的な悲劇も呼び起こしがちです。
この悲劇に直面してお気に入りの服が汚れてしまおうものならバーベキューを末代までの敵と見なす人も生まれてしまうことでしょう…

そんなバーベキュー時にたくさんの紙皿に悩まされる人類におススメしたいのが使い捨てお弁当トレイを使ったBBQです。

例えばこういうトレイでスーパーやコンビニのお弁当でよく見かけるタイプのものです。
100円ショップであれば蓋つきで3セットくらいが100円で売られていたりします。

こんな感じで使えばタレ2種類にライスと焼いた食材をワンプレートで持てるのでめちゃくちゃ楽ちんです。
仕切りが多いタイプであればキムチやナムルなど焼肉と一緒に欲しい副菜も同時に乗せることができます。
イベントなどでたくさんの人が集まる場合はあらかじめライスだけを入れたものを用意しておくなどすれば大量のおにぎりを作るよりも負担が少ないですし、逆に自分だけが使うような場合はコンビニ弁当を食べた後でトレイを洗って再利用するという方法もアリかと!

蓋つきのタイプであれば離席時に蓋をすればゴミが入りませんし、蓋の上におもりを置いておけば強風で飛んでいくリスクも軽減できます。
ワンプレートですべてがまとまるので自分のがどれだかわからなくなる問題も起きにくく、それでも心配な方は蓋に名前を書いちゃうのもアリかもしれませんね!

イベントなどで大量に必要という方は、Amazonなどでまとめ買いすれば一枚当たりの単価が20円くらいに収まります。

100均もネット通販も蓋がついていないものが多々ありますので蓋つきのものを探してる方はその点もご注意ください。
あとは、焼き立てのお肉を直接トレイに入れる場合は耐熱温度にも注意してみてくださいね!
耐熱温度を気にせずにお肉を入れる部分にアルミホイルやお野菜を敷いておくという方法でも良いと思います。

それでは、みなさま楽しいバーベキューライフを!