1. ホーム > 
  2.  アニメ

[レビュー]映画 コードギアス 復活のルルーシュ

2019/3/2 - アニメ, 映画

善良かつ熱心なアニメオタクなので劇場公開作品(完全新作)は積極的に鑑賞してますのでちょっと遅めにはなりましたがコードギアス 復活のルルーシュもしっかりと観てきました!

ざっくり言えば、コードギアス 復活のルルーシュは2008年に放送されたアニメ二期からみればスピンオフ作品を除けば10年以上ぶりの新作になります。(ちょっと語弊があるので記事の後ろの方も読んでね!)

コードギアスのテレビ版を観たときは面白すぎて一期を一気見(韻を踏む)してたのですが、R2(いわゆる二期)は「うーん…」って思いながら鑑賞した記憶があって、ぶっちゃけ「話が進むにつれてなんか失速したようなイメージ」を持っていました。

でもやっぱ面白い作品だったんですよね。

この劇場版新作が公開されるってニュースをきっかけに友人とコードギアスについて話をしたところ気づきました。

「あれ?私の記憶の中にあるコードギアスのストーリーの25%くらいはガンダムSEEDの話だわ。」

コードギアスもガンダムSEEDもどっちもすごく熱心に観た記憶がある作品だったのに、それはもうだいぶ前の話なので恐ろしいほど内容を忘れちゃってますね…

ということで鑑賞の前にコードギアス劇場版総集編三部作(恐怖)で復習をしてから鑑賞するという作戦に出ました。

第一部を観た時点で「そんなんだったっけ?」って点はいくつかありましたがなんかだいぶ思い出してきたので時間の都合もあり第二部の序盤まで鑑賞してから映画館に行ってきました

劇場での私「あれ!?割とわからんなこれ…」

序盤から「テレビ版の結末ってどうだったっけ?何からつながってるんだ??」「え?それ何の話?」 「あの人、死んだと思ってたけど記憶違いか…」 の繰り返しで話について行くのがやっとこさ。

最終的には脳が理解することを諦めて「ナイトメアフレームかっこいいなー」「ナイトメアの動きとカメラアングルいいなー」「追加装甲のついたナイトメアすばらしいなー」(重要)という感想しか持てなくなったIQの低下ぶりには目を見張るものがありました。

完全に準備不足(自分が)

この作品、鑑賞のためにはいろんな事前準備が必要でして、完全に自分の準備不足だったんですよね…
事前にチェックすればわかることだったんですけど、新作であるコードギアス 復活のルルーシュはテレビ版の続編ではなくて劇場版三部作の続編なんですね。

なので、劇場版三部作を観ていれば話について行けたはずです…が!

劇場版三部作のハードルが意外に高い

劇場版三部作は大絶賛できる作品とは思えなくて、総集編としての見せ方がめっちゃ雑に感じます。
特に、第二部の終盤に至っては「はい!テレビ版を観てるみんなは知ってるよね!このシーンあったよね!思い出した?」みたいな感じで大事なイベントを省略しながら短時間に大量の情報でまくし立てて来てテレビ版を観てない人や観たけど記憶が薄くなった人にとっては支離滅裂な場面展開にしか見えません…

結果、記憶が薄い人やテレビ版未視聴の方はテレビ版から見る羽目に…

今回の映画を楽しむためにはギアスの記憶が薄い人にとっては「劇場版新作を観るために劇場版総集編三部作をみなければならないけど、劇場版総集編三部作を理解するためにはテレビ版も観ないといけない」というかなりの事前準備が必要になるかと思われます。

そういう意味では何となく懐かしいなーって感じで鑑賞する作品ではなくて「コードギアスに対して猛烈な情熱を抱えてて、長い間この新作を待ち続けていた(しかも何も見ずにあらすじが言える)」くらいのコアなユーザー向けの作品なのかなと感じました。

それらの事前準備がしっかりできれば劇場版作品としては十分に楽しめるのだろうなと感じたので上映期間中にテレビ版のおさらいが完了するようならもう一度映画館でコードギアス 復活のルルーシュを観たいと思います!

劇場版三部作は第2部まではネットでけっこうお手軽に見られます!

劇場版三部作の第一部、第二部はAmazonプライム会員なら追加料金なしで観ることができます。(第三部は有料コンテンツ)

ちなみに、コードギアスのスピンオフ作品である「コードギアス 亡国のアキト」は観ていなくても大丈夫そうだなと思いました。

上映期間も残り少ないのかなと思いますのでお好きな方は各種事前準備の上でご鑑賞くださいませ!